大ぱくのブラ三研究所【ブラウザ三国志】

ブラウザ三国志に関する全般的な情報やプレイしているワールドの情報に関するサイトです。

ブショーダスSP 新春/前半(2020)

さて、今回は2020年1月1日0時より開始しましたブショーダスSP「新春/前半」についてです。

 

f:id:daipaku:20200104014832j:plain

運営のイチオシはこの4枚のようです。艶やかな絵柄になっていて、新春を彩ってくれるように感じます。三国志とは関係のない内容もありそうですが、そこは気にしないということで(笑)

 

この中だと気になるのは「袁姫・袁術」です。引いていないので気になるのではなく、育てた時にもたらす影響が大きい為です。

f:id:daipaku:20200104022436j:plain

戦争でも使えるのはもちろんのこと、鹵獲デッキが療略令に仕上がっていない場合には、攻撃力の底上げとしても使えるでしょう!

主将の天明鏡を亀で付与して、完成させると1枚で『865.8%』の上昇となります。1コスなのにそれだけ上がるとは強カードですよね(L董卓呂布貂蝉も同じ数値になります)。

 

f:id:daipaku:20200104022616j:plain

これは今回のログインボーナスで作ったカードですが、コスト換算するとこのカードよりも4倍以上強いということになります・・・

 

 

【戦争における影響】

・4.5コスト武将を引率として使用する場合(20コスト上限)

このカードがないと、「L4.5+L4.5+L4.5+劉備関羽張飛董卓呂布貂蝉」で20コストとなります。この場合には全てのスキル(大極攻令×2+主将の天明鏡)をLv10にして、副将もMAX解放すると、計算上最大で「4871.8825%」の上昇率となります。

 

それがこのカードが入ると、「L4.5+L4+L4+劉備関羽張飛董卓呂布貂蝉袁姫・袁術」の20コストが可能となります。この場合の計算上の最大値は「5326.4275%」となりますので、ない場合と比べて『454%』の上昇となります。上位陣が益々強くなるという訳です・・・

これまで何発か耐えていたのが、耐えきれなくなる状況になると考えられますので、新春/後半では防御カードが追加される可能性がありそうです。

 

・4.5コスト武将を引率として使用する場合(25コスト上限)

25コスト上限で計算すると、より差が出る結果となりました。24.5コスでの攻撃が最適だというイメージですが、最近の戦争を知りませんので、違っているかもしれません。

「5943.31%」→「6603.4825%」

ということで、『660%』の上昇となります。

 

・その他

4コストのL全軍武将を新たに作り直すのは大変ですので、3.5コストを引率武将として用いるのもアリだと思います。元々の引率武将4.5コスト分を3.5コスト引率+袁姫・袁術という形です。

新兵科の大神撃+パッシブで500%越えますし、飛蹄進軍も十分に使えるスキルでしょう。

いろいろとバリエーションが広がるので、それを考える楽しみもありますね!

 

 

ただ、これらは1コス全軍令を既に2枚持っている前提での話ですので、持っていない場合の状況によっては、ちょうど良い感じに落ち着くかもしれません。

まぁ入手してから考えれば良いじゃんと言われそうですが(笑)