大ぱくのブラ三研究所【ブラウザ三国志】

ブラウザ三国志に関する全般的な情報やプレイしているワールドの情報に関するサイトです。

【W20-23】まとりっくす vs パロパロ王国 再戦2日目

2月14日 2時時点での同盟員数

[まとりっくす:18名] vs [パロパロ王国:139名]

 

・24時間での人員変動

まとりっくす:100名 → 18名 (82減少)

パロパロ王国:214名 → 139名 (75減少)

 

本日はお互いに撃破数となりました。高速化と全体のレベルアップが進んでいるためでしょうか、寝坊したら落とされていたなど、少しインしない時間帯に落とされる方も多かった印象です。

この人数差の中でも同盟員の撃破数が同程度ですので、この点からもまとりっくす同盟の強さが分かると思います。

残り18名ではありますが精鋭揃いですので、3日目も1人1人の対応を丁寧に行っていく予定です。

 

 

・配下同盟数

まとりっくす:93

パロパロ王国:135

 

配下保護や救出があるのでこれくらいの差だと何も読み取れませんが、この差が広がってくると終盤に近付いているということが分かります。

 

 

 

【今日のララァ先輩】

f:id:daipaku:20210214033158p:plain

 

午前中に「バーガーキング氏」の本拠地を攻撃していた時のことです。

f:id:daipaku:20210214033715p:plain

まずは、様子見で1発当てました。全軍令を1枚上げ損ねましたが、24万の経験値でしたので、殲滅できると考え、その後の攻略を進めました。

この後は

バーガーキング氏からの砦への攻撃を防ぐ(行軍時間が2分程度)

ララァ先輩の攻撃が1発

・私の強襲が成功し(こちら7割被害)、相手の兵士数残が13万強であることが分かる

ララァ先輩の攻撃が1発当たり、40万以上の純経験値獲得

・たまたま別の方が偵察

 

その結果を見て、ララァ先輩「バーガーさん、全然いないね」

後輩「そりゃそうですよ、先輩がさっきガッツリ削ったじゃないですかー(笑)」

ララァ先輩「てへっ♪」

 

 

【高速攻撃】

土曜日は仕事でしたので、出勤途中で15分ほどインできない時間がありました。
その間に防御をセットしなかったので、斧兵をごっそり持っていかれました・・・

近衛騎兵だけだとやっぱり短時間で着弾しますよねー

f:id:daipaku:20210214040412p:plain

ちなみにこの次の攻撃は、投石入りで行軍が18分程度でしたので、余裕を持って対応ができました。

 

 

続いてバーガーキング氏からの攻撃です。こちらは行軍時間2分程度でしたので、危ないところでした。2分はキツイなぁと思っていたら、さらに上がいました。

f:id:daipaku:20210214040952p:plain

 

 

【高速連打】

f:id:daipaku:20210214042801p:plain

戦争での攻撃ランクトップの『よっしー氏』です。

本日猛攻撃を受けた『暁さん』からの情報提供によると、「よっしーさんの敵襲は基本1分です」とのことでした。

f:id:daipaku:20210216234917p:plain

 

1分は張り付いていても、厳しいレベルなんですが、それを連発された暁さんの苦悩は如何ほどのものか・・・

ちなみに総攻撃回数は29回で、特に攻撃が厚かった11時には14部隊の猛攻を受けていました。

ヴィータ氏、よっしー氏:各4回
Yamato‐Man氏、かぷ氏:各2回
もやし氏、マボ氏:各1回

 

f:id:daipaku:20210216235645p:plain

ギリギリではありましたがこの猛攻を耐え抜いたため、暁さんは防御ポイントで2位となりました!
先まで考えた行動がギリギリのところで、落城を回避した訳です。
先を読んだ行動が素晴らしかったと思います。

 

f:id:daipaku:20210214041755p:plain

「お前はどこまで見えている」

 

 

 

【検証:重盾は投石の保護に使えるのか】

私の前線拠点「山黄大王の城」に何度も攻撃してきていたeytr氏を落とすべく、ララァ先輩と時間を合わせてアタックしました。

f:id:daipaku:20210214034220p:plain

1秒の差があったので、差し込まれる可能性を考慮して、投石の護衛に兵を付けようと思いました。今回は資源の節約ということで、余っていた重盾兵をセットに出兵しました。

武将単騎の差し込みならこれでもいけるとの思いです。

 

f:id:daipaku:20210214040138p:plain

その結果、このように全滅しました。

その前のララァ先輩の攻撃は「獲得経験値:669490 ( 同盟ボーナス:60862)」でしたが、全滅に至らなかったようです。この後の攻撃でも40万ほどの経験値を獲得したので、そもそも結構な兵を本拠地に集めていたようです。

 

検証には気が早かったようで、今回は確認できませんでした。
また機会があればチャレンジしようと思いますが、そういう機会はめったになさそうです。

もし大剣兵と重盾兵を間違えて発注してしまったとしても、南蛮で全滅させますので、よほど資源がない時くらいでしょうか。

 

ということで、6時の深夜停戦明けに向けて、仮眠を取りたいと思います。

明日も戦争を楽しみましょう!!

【W20-23】まとりっくす vs パロパロ王国 再戦1日目 (追記)

2月12日22時7分を持ちまして、開戦となりました。

サーバーの動向が多少不安ではありましたが、実際に始まってみると想像以上いスムーズに動き、戦闘行為に関する遅延は全く確認できませんでした(鹵獲での遅延は多少あったようです)。

火曜日のメンテナンスの効果が絶大だったようです。あの短時間の対応でここまで改善するとは思ってもいませんでした。

迅速に対応して頂いたことを、まずは感謝したいと思います。

 

 

2月13日 2時時点での同盟員数

[まとりっくす:100名] vs [パロパロ王国:214名]

f:id:daipaku:20210213023713p:plain


このマトリックスが由来ではない気もしますが、屈強な戦士たちからなる部隊がハイレベルな連携で襲ってくる様子は、このイメージにぴったりだと思いました。

 

f:id:daipaku:20210213024139p:plain

上から文字が流れるかのように高速かつ多数の攻撃がきますので、早急な判断を迫られる状況が多々ありました。

22時7分から2時までの4時間弱でも疲れましたので、明日以降はかなりハードになることでしょう。そのため、うまく休憩を取る必要がありそうです。

 

 

【本日の人員変動】

まとりっくす:24名陥落(+配下保護5名、開始時間付近の方のみ対象)

パロパロ王国:36名陥落(+配下保護5名)

 

 

【今日の気付き:斧兵は近衛に弱い】

今日は山黄城(ミスリルさん付近)での動きが多かったため、攻撃を受ける機会も多くありました。

f:id:daipaku:20210213030347p:plain

 

最初は相手の強さが良く分からなかったため、完全に正体不明の攻撃という感じでした。ですので、砦が破壊させる可能性もある判断して、壊される前に1発当てておこうと出兵したのがこちらになります。

こちらの攻撃は、スピード重視で強襲にしています。「全滅したらすぐに斧兵を作って、防御しよう」と思っていたら、強襲が通ってしまい、イメージしていた行動とずれてしまったという・・・

f:id:daipaku:20210212223917p:plain

 

この時のミスリルさんからの攻撃はこんな感じです。斧兵をMAXにして、加護シリーズで防御しています。

f:id:daipaku:20210213031104p:plain

 

想像よりも減らなかったので、そのまま次のeytr氏の攻撃を受けたら全滅しました。

f:id:daipaku:20210213031320p:plain

いやぁ、強かったですよー 全軍令を鍛えているのでしょう、1割も減らせませんでした。そして近衛はキツイということが身に沁みました・・・

こういう場合は、投石が先に壊れるのがありがたいですね。拠点は無事でした!

 

そして23時33分から41分にかけて、同じことを繰り返すわけですよ。お互い急いで判断しているので、代わり映えのない同じ結果になるのです(笑)

こちら斧兵全滅で、相手の投石も全滅です。

 

 

f:id:daipaku:20210213032005p:plain

そして3度目の正直と言わんばかりに出兵がありました。今度は11秒差での連続攻撃です。
これはさすがに斧兵で守るのは避けようと他の拠点から援軍を送ることにしました。気付いた時点で、着弾まで18分もあったので落ち着いて対応できると余裕を持っていました。

近衛なので重盾ならいけるだろうと思い、重盾兵を作れる拠点を探しましたが、どうも練兵所が残っている拠点が見つかりません・・・

しかたがないので、近衛兵を作って送ろうとしましたが、北西の離れた拠点でしたので、到着まで50分以上かかってしまいます。

 

最後の手段として、現在の拠点を改修して重盾を作れるようにする方法を取りました。重盾を作って加護デッキをセットすると、騎兵防御が10億を越えました。これで準備万端です。

 

f:id:daipaku:20210213032518p:plain

斧兵は全滅させられていたのに、重盾は25%程度の被害で済みました。
重盾強いですね! 重盾のありがたさを再確認できた1連の流れでした。

 

 

ちなみにその後に相手の本拠地に向けて突き進んでいたら、重盾の伏兵を配置されていて、武将が死亡した事例もありました。

f:id:daipaku:20210213033015p:plain

民兵以外では、12万程度の経験値ですので、3万の重盾を倒しているのでしょう。この影響で隣接を取得することができませんでしたので、その点では意味のある伏兵だったと思います。

この次の攻撃で伏兵は重盾だったことを確認しました。

 

やはりドリルする際には、ある程度強い武将でいかないといけませんね!

 

 

およそ1年ぶりの戦争ですので、感覚が鈍っているようです。徐々に思い出して動きが良くなるはずですので、本調子に戻るまで今しばらくお待ちください。

拠点の準備不足も多々あり、苦労しているところです。

同盟内の連携もこれから上がっていくと思います!

 

まとりっくす同盟の皆様、明日もよろしくお願い致します。

 

 

【緊急呼集】

1日目の終わりに気付きました。

上記のように援軍が間に合わないと思っていろいろとやったのですが、『緊急呼集』を使えば間に合ったという事実を・・・

回復時間が「66時間30分(SLv10の場合)」ですが、複数枚あるので、使っても良い状況でした。

緊急呼集は南蛮でしか使ったことがないため、慌てていた状況では思い付きませんでした・・・

ということで、戦争での引き出しがまた一つ増えたとポジティブに考えたいと思います(笑)

【W20-23】戦争再開日時の決定

先週の金曜日に「遅延障害」のために停戦となっていた戦争ですが、不可侵が切れると同時に再開することとなりました。

f:id:daipaku:20210212014112p:plain

この時間付近になったら動きが出てきて、サーバーの負荷が高まっていくことが予想されます。メンテナンスの効果でサーバーの反応が早くなっているはずですが、多少の遅延はあり得ると思います。

時間が重要な戦略の場合は、余裕を持った対応が必要となりそうです。

 

 

【まとりっくす同盟の本拠地マップ】

f:id:daipaku:20210212015757p:plain

上位陣の本拠地をマップ化しました。上位陣及び役職者をプロットしています。

こうして見ると、南東に固まっていますので、南東の本拠地攻防がポイントになります。ですので、南東に如何に戦力を注げるかになるでしょう。

 

そして、やはりお互いの主力の連打機能を削ぐために、拠点を破壊することも重要になります。倉庫村・畑村を含む拠点破壊を戦略に組み込まなければならなくなっているのは、大半の方が理解していることと思います。

今回もお互いの僻地拠点付近での攻防が既に行われていますので、拠点をめぐる激しい攻防が各所で行われることでしょう。

守勢デッキを育てている方の拠点を落とすのは苦労するので、それを含めた準備と対応をどれだけやっているかが分かれ目になってきます。慎重な方は予備の拠点を多数用意しているでしょうし。

 

 

ミスリル氏の本拠地付近】

W24の戦友である『ミスリル氏』がまとりっくす同盟にいますので、挨拶しないのは失礼に当たると考え、近くに砦を構えました。

ちょうど☆9の土地が入居者0で転がっていましたので、ラッキーでした!

 

現時点でのミスリル氏の本拠地付近はこのようになっています。

こちらの特攻隊長「kyon氏」の本拠地も隣接していますので、ここでも熱い闘いが見れそうです。

f:id:daipaku:20210212020503p:plain

 

そして、その東側には「バーガーキング氏」もいます。前回、斧兵を全滅させられたので、その借りを返すべく何度かイメトレを行いました。

兵科的に相性が良いので、砦を壊されなければいろいろとできそうです。

前回の短い戦争時間のDataによると、着弾までの時間はこちらの方が早そうですので、カウンター狙いでも良いかもしれません。

相手の行軍が5,6分ですので、張り付くことが必須になりますが・・・

 

お互いプレッシャーをかけ合えば、疲労も溜まるでしょうから、最終的には体力勝負になると考えています。

3時間の領地保護もやる方は大変ですので、そこで出兵拠点にプレッシャーをかけて集中力と体力を少しずつ削っていくつもりです。

f:id:daipaku:20210212024624p:plain

バクマンより)

 

 

ちなみに拠点はこんな感じです。山黄大王のご加護がありますように。

f:id:daipaku:20210212015024p:plain

 

 

f:id:daipaku:20210212022431p:plain

「見せるならさらに奥の手を持て か」(幽遊白書より)

【W20-23】サーバー負荷テスト(ユーザー主導型)

f:id:daipaku:20210210004126p:plain

w20-23ワールドで発生していた遅延障害について負荷軽減対策のため、2/9にメンテナンスを予定しております。

(以上運営からの案内より)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

先週行った戦争では、300人規模(実働200名程度)の参加で、サーバー反応の10分以上の遅延がありました。挙動が不安定でもありましたので、複数の方が運営に連絡したそうです。

それを受けて、メンテナンスが計画されました。そして、それがどれだけ効果があるか戦争を再開する前に確認する必要があると考えましたので、「サーバー負荷テスト」を企画しました。

 

 

【概要】

目的:サーバーの高負荷状態で、前回遅延があった機能がスムーズに作動するか確認する

時間:メンテナンス実施日の20:00~20:30

方法:自動出兵、自動鹵獲、偵察、NPC領地への攻撃・強襲、寄付、加入・脱退を一斉に行い、サーバーに負荷をかける

参加者:「パロパロ王国」および「まとりっくす同盟」の同盟員

 

f:id:daipaku:20210210011000p:plain

まとりっくす同盟のエヴィータ氏に趣旨を説明したところ、快諾して頂きました。

 

 

【メンテナンスの内容(17時に終了)】

f:id:daipaku:20210210011320p:plain

ふむぅ、この2点の変更で大丈夫なのかと思いつつ、そもそも出兵処理と関係があるプロセスなのかとも思いつつ、微妙な空気になりました。

ただ、ホストサーバーからの処理プロセスの振り分けを変更したのだろう、表に出る変更でないため、メンテナンス内容に記載されていないだけだろうと都合よく解釈し、20時からの「サーバー負荷テスト」を待つことにしました。

 

 

【サーバー負荷テストの結果】

まず、参加者についてですが、「パロパロ王国」では同盟コメントやログから100名弱だと推測しました。まとりっくす同盟の参加者を加えると150名前後でしょうかね。

続いて、同盟員に報告してもらったひとことでのコメントを一部抜粋してアップします。なお、プレイヤー名は念のため削除しておりますので、ご了承ください。

f:id:daipaku:20210210012600p:plain

f:id:daipaku:20210210012422p:plain

 

どうやら、鹵獲が止まりやすいようですが、それ以外は概ねスムーズに動いたようです。メンテナンス前は寄付でホワイトアウトが頻発していましたが、それもなくなっています。

また、高負荷の状態でも加入・脱退の許可は非常にスムーズに動きました。同盟を脱退してからの「同盟員同士の領地の捲り」が戦術となっている部分もありますので、この点は安心です。
プロセスの割り振りを見直すだけでも大きく違うものなんですね。

 

斥候を連続で出して、出兵+帰還の数が30を過ぎたあたりで処理遅延が起こったとの意見もありました。
そのため、さらに高負荷の状況(時間を合わせた他拠点集中攻撃など)になると処理落ちが起こると思いますが、このレベルであれば戦争を楽しめそうだと分かりました。

 

 

【気になった点】

自動鹵獲は多くの方が指摘している通りですので、運営も理解されていると思います。

その他には、タブを選んだ時にその画面が開くまでに時間がかかったことです。長い時には、一つのタブを開くのに3秒ほど要していました。

f:id:daipaku:20210210014231p:plain

戦争の時には、数秒が大事になることがありますので、この点はユーザーが理解しておく必要があると思います。

 

また、加入申請を許可した際に見たことのないコメントが表示されるバグが確認できました。青線で囲んでいる部分です。退会ってなんでしょうね(笑)

f:id:daipaku:20210210014204p:plain

 

以上となります。こちらを報告書とさせて頂きます。

【W20-23】開戦して2時間で停戦しました

2月5日20:00  開戦

     

2月5日22:06  停戦

 

予定通り開戦となりましたが、システムがフリーズするなど思うようにプレイできませんでした。ゲームとして成り立たないと双方の幹部が判断した結果、2時間での停戦となりました。

 

f:id:daipaku:20210206015118p:plain

 

f:id:daipaku:20210206020557p:plain

同盟ログがこのような順番で表示されていますので、着弾順番・操作順の入れ替えが高頻度に起こっていたようです。ポルナレフもびっくりですよ・・・

0秒ストップだけならまだ対応できますが、順番が入れ替わると運の要素が高くなりますもんねー

 

ただ、相手本拠地の隣接を狙いに出兵していた時は運の要素が強いので、いつもと違う理由でドキドキしている自分がいました。こんな中でも新鮮な感覚を経験できたのは良かったです(笑)

 

 

【同盟管理】

f:id:daipaku:20210129001804p:plain

特に酷かったのは同盟管理です。
いつもの「ただいまサーバが混みあっております。」との表示で画面が白くなる『ホワイトアウト』になるのは理解できるんですよね。全Data量がサーバのキャパシティを越えているので仕方がないと思います。

 

ただ、脱退許可の許可ボタンを押しても何も反応しない場合や、配下保護のためにプレイヤーを選んで追放しようとしたら、「対象が選択されていません」になるのが理解できませんでした。20分以上許可ができなかったこともありました。

この状況を受け止めて、それに合った戦略を行う必要があるのでしょうね。

 

 

 

【今日のログ】

f:id:daipaku:20210206013650p:plain

今日の状況を示しているログを紹介します。
バーガーキング氏に斧兵が吹き飛ばされたシーンです。投石が全て壊れたので、運よく破壊されるのを免れました。

この時の防御兵は「L水鏡娘・パンダ」で、出兵から戻ってきたところを倒された形です。

f:id:daipaku:20210206022309p:plain

復路の行軍時間は9分程度だったと思いますが、実際は0秒ストップの影響でデッキに戻ってくることはありませんでした。「出兵中」→ 「死亡」という感じで、いつのまにかやられていました。

攻撃の際に全軍令をデッキに上げていたため、実際はそれらを降ろした空きに壁シリーズの防御武将を上げたつもりだったんですよね。バーガーキング氏の着弾に間に合ったと思っていましたが、異空間に存在していたようです。

ですので、「L水鏡娘・パンダ」だけがデッキから消えてしまう(HP 0)という現象が確認できました。

f:id:daipaku:20210206023431p:plain

この2枚は笑顔でデッキに残っていたので(HP 100)、ちょうど双剣兵の軍団と入れ違いだったのでしょう。

という感じで、背景が分かっているとシステムエラーが複数感じられるログの紹介でした。

 

今回は技術や判断力が問われる状況ではなく、忍耐力と運の勝負だったように思います。本質が全く異なるゲームだったと言えるでしょう。

ただ、この状況だとゲームの根幹、基本ルールが成り立っていませんので、なんとかしてもらいたいものです。

せっかく楽しめる要素が多いのに非常に残念です・・・

【W20-23】開戦前夜

2月5日20:00

「パロパロ同盟」 vs 「まとりっくす同盟」が開戦!

f:id:daipaku:20210205030113p:plain

 

いよいよこの時がやってきました。
お互いの積み上げてきたものをぶつけ合う日々が始まろうとしています。

 

今回のDataを収集するために、まとりっくす同盟のトップを拝見すると、既に戦争に関する情報が記載されていました。書簡に対する対応も早いので、戦争準備に関しても対応が進んでいる印象を受けています。

f:id:daipaku:20210205020043p:plain

 

ちなみに私の本拠地周りを見ると、このようにしっかりとブロックされています。同盟内での周知がしっかりと行われているようです。

そして我々の8マスだけでなく、他同盟の8マスに侵入しないようにしていますので、紳士的な同盟だと感じました。

f:id:daipaku:20210205010246p:plain

 

 

【戦力比較】

f:id:daipaku:20210205023806p:plain

戦力に関係しそうなDataをまとめてみました。

総ポイントではパロパロ同盟の方が多いのですが、1人当たりにするとまとりっくす同盟の方が高いことが分かります。

つまり個の力はまとりっくす同盟の方が高いので、連携して数的優位を生かせるかが勝敗のポイントになるでしょう。

 

下の部分は、今期のポイントに注目した内容です。カードパワーとアクティブ度、そして運の要素がポイントに影響しますので、君主官位よりも戦力に繋がると考え、カウントしました。

これが指標として使えるか、今回の戦争で検証してみたいと思います。

 

続きを読む

【W20-23】6日目を終えた感想

W20-23がスタートして既に6日が経過しました。激動の6日間で様々なドラマがありました。それぞれの動きが早すぎてシャッターチャンスを逃すことも多々ありましたが、限られたDataから2日目から5日目の全体の動きをまとめて、状況を考察します。

 

・それぞれの想いがクロスした2日目

f:id:daipaku:20210130003432p:plain

2日目終了時点での攻略数です。途中から差がついてきました。ラインハルト・フォン閣下のショットガン攻略が1日の攻略数新記録を出していましたし、金曜日でしたので単純に「主力のイン率の差」と考えていました。

お互いの同盟の方向性が異なっていたことに気付いたのは翌日でした。

 

 

その中で競合の★6を一つ落としたので、武将砦攻略は先に行うことができました。

f:id:daipaku:20210130024207p:plain

 

また、相手の主力が固まっていて遅れを取っていた南東の攻略も名声差と同盟員の尽力のおかげで、なんとか追いついて角地で混戦に持ち込むことができました。南東と北西で両同盟が入り乱れた状態となりました。

f:id:daipaku:20210130003233p:plain

f:id:daipaku:20210129185507p:plain

南東も北西も似た状況で、壁を作ろうとする側とそれより先に入り込もうとする側の熱い攻防が繰り広げられたようです。

一方、北東と南西では、大きめの壁を作ることができたので、トータルの遠征として見ると、こちらの勝利ということになるでしょうか。 

 

 

長安攻略で力を見せられた3日目

f:id:daipaku:20210131014404p:plain

今回は、★8NPC城の『長安』が競合となっていました。
長安付近には「まとりっくす」側では、エヴィータさんの軍事砦しかありませんでしたが、 こちらも複数人でこまめに同盟内ポイントの変動を確認していました。

驍騎文鴦将軍曰く、朝8時頃に確認した時には変動がなかったとのことでした。

 

しかし、9時過ぎに長安がまとりっくす同盟に落とされました・・・

 

どうやら我々に気付かれないように周到な準備をしていたようです。上位陣が、少し離れた(画面に出てこない範囲)に軍事拠点を作っていたという感じでしょうか。連発できるように倉庫村を複数作っていたのもあるでしょう。

気付きにくい時間帯の深夜~早朝から動いていたように思います。

詳しいことは、後日エヴィータさんに語っていただきましょう(笑)

 

この辺りの優先順位(意識)の差が、前日のNPC攻略数の差に出てきたと考えます。

 

 

 ・差を付けられた4日目

f:id:daipaku:20210201010328p:plain

この日はまとりっくす同盟が許昌を落としたのですが、その時はちゃんと?付近に軍事砦を作って落としていました。やはり長安が特別仕様だったようです。

我々はNPC城を落としていませんでしたので、制圧ポイントの差が開く一方でした。

以下は落とした時点での許昌付近のマップです。

f:id:daipaku:20210201010432p:plain

 

 

 

・廃課金以外が輝いた5日目

f:id:daipaku:20210202010926p:plain

5日目はまとりっくす側が襄陽を落としたのに対して、我々が「洛陽+鄴」を落としたので、制圧ポイントが逆転しました。

実は、前日から洛陽も鄴も攻略を開始していたのですが、洛陽攻略は少しでも多くの方に参加してもらうように奮迅時間を長めに取ったことで時間がかかったのもあります。もちろん、土曜日で上位陣のリアルの都合が重なったのも影響が大きいでしょう。

 

また、鄴に関してはラインハルト・フォン閣下の提案で、「1等級以下チャレンジ」を行っていました。

f:id:daipaku:20210203031122p:plain

1等級部隊長の「狭き門」の指揮の元、1.5日で見事攻略に至りました。予想以上の参加者でしたので、アクティブプレイヤーが多いことが再確認できました。

 

続きを読む

W20-23がスタートしました!

f:id:daipaku:20210129023527p:plain

 

本日、統合後の『W20-23』が開幕となりました。

最初の壁は統合後特有の「カード仕分け」です。ラベル情報がなくなっていて、副将のセットも外れていますので、大変でした・・・

前もってメモ帳に保存していたのですが、合間にしかできないので、15時スタートでしたが、結局2時過ぎに仕分けが完成したところです。

枚数が1000枚越えている方だとヤル気が起きないでしょうね。

 

 

そして、ワールドが始まって最初の攻防と言えば、洛陽への進軍ですよね。

今回は相手の同盟名すら分からない状況でのスタートでしたので(お互いそうでしょう)、相手を気にせずに最善を尽くすことだけに集中しました。

 

その結果、運良く洛陽を包囲することができました!

個人的には一つ貢献できたので、ここで任務を果たした感がありました。まぁ一つ取るまでに4回他の方に先を越されたのですが、それは伏せておきましょう(笑)

f:id:daipaku:20210129024158p:plain

 

 

 

 

NPC攻略一番槍】

次の攻防は、どの同盟が「最初にNPCを落とすか」です。統計画面を気にしていた方もいることでしょう。

f:id:daipaku:20210129024613p:plain

今期の一番は「とりま集合(現統スラ)同盟」でした。少人数ながら、動きが良い上位陣が数名いるようです。

その後は我々が3つ落としたと思えば、まとりっくす同盟も3つ落として追いついてきました。その後も0時くらいまではほぼ互角の展開が続きました。

 

 

f:id:daipaku:20210129014240p:plain

我々の同盟のスピードスター(5番目まで)はこの4名でした。素早い攻略ありがとうございました!

 

 

 

【初日を終えて】

1時現在(開幕10時間後)のNPC城の状況はこうなりました。

まとりっくす:襄陽包囲、許昌包囲

パロパロ王国:洛陽包囲、鄴包囲

2同盟の競合:長安

 

まさに均衡しています。砦攻略もわずかな差ですので、非常にいいバランスで戦力が分かれているように感じました。

f:id:daipaku:20210129003518p:plain

 

 

ただ、遠征を見ると南東と北西でまとりっくす同盟が先に行っています。特に南東では断トツで進んでいるので、遠征では相手に分があるようです。

この週末に巻き返したいところです。

f:id:daipaku:20210129041614p:plain



続きを読む